任意整理で信用情報に傷がつく?あなたが覚えておくべき8つの事

任意整理をすると、借金を滞納した事実が事故情報として登録されます。

いわゆる信用情報に傷がついた状態となり、事故情報が登録されている間はクレジットカードや各種ローンの利用はできません。

カードが使えないと聞くと、生活に不便を感じる方もいるでしょう。とはいえ、借金の返済が追いつかず滞納を繰り返していてはブラックリストに登録されるのは時間の問題です。

借金問題は、任意整理で早期に解決するのが得策です。

「事故情報の登録期間はどれくらい?」
「ブラックリストの解除後すぐにクレジットカードを作れる?」

このような不安から任意整理に踏み出せない方のため、この記事では事故情報の登録期間や回復までの注意点についてわかりやすく解説していきます。

信用情報とは|クレジットカードやローンの契約内容や支払い状況に関する情報のこと

クレジットカードやローンに申し込むと、契約内容や返済状況、残高などの情報が「信用情報」として登録されます。

貸金業者や銀行は、約束の日までに確実に返済するという契約のもとでお金を貸します。申し込みの時点で、返済能力に不安がある人にお金を貸すことはありません。

信用情報は、その人がきちんと返済できるかどうかを見極めるための判断材料となるものです。

信用情報が登録されるのはどんな時?

信用情報は、

  • クレジットカードに新規で申し込んだ時
  • キャッシングをした時
  • ローンや分割払いをした時

上記の場合に登録されます。

信用情報は、延滞や滞納の有無にかかわらずクレジットカードやローンの利用があれば誰でも登録されるものです。月々返済した履歴も随時更新されます。

なお、一度登録された信用情報は事実と異なる場合をのぞき、訂正・削除されることはありません。

事故情報(ブラックリスト)が登録される例

  • クレジットカードの支払いを無断で延滞した時
  • 長期または複数回の延滞で強制解約となった時
  • 携帯電話やスマホの端末代金の返済を滞納した時
  • 債務整理を行なった時(借金減額の申し入れ)

事故情報は、約束の支払日までに返済されなかった場合に登録されますが、一度滞納したからといってすぐにブラックリスト入りするわけではありません。

再引き落としや書面による督促が行われ、それでも返済されない期間が2ヶ月以上続くと事故情報として登録されます。

事故情報は3つの信用情報機関で共有される

クレジットカードやローンの信用情報は、「信用情報機関」に登録されます。

日本における信用情報機関は以下の3つです。

信用情報機関名主な加盟企業
CIC(株式会社シー・アイ・シー)信販会社、クレジットカード会社
JICC(株式会社日本信用情報機構)消費者金融、クレジットカード会社
KSC(全国銀行個人信用情報センター)銀行、信用金庫

※このうち、国が指定する指定信用情報機関に該当するのはCICとJICCの2つ。

登録・管理される情報はそれぞれの信用情報機関で異なりますが、事故情報は3つの機関で共有されます。

これはつまり、A社でブラックリスト入りした場合、B社やC社に申し込んでも新たに借り入れすることはできないという意味です。

任意整理後いつからブラックリストに登録されるの?

任意整理をすると、その事実が約5年にわたり事故情報として登録されます。

任意整理では、債権者(借入先の金融機関)との和解が成立した日からカウントします。ただし、5年が経過した時点で即日ブラックリストが解除されるわけではありません。

債権者によっては、返済が続いている間はたとえ5年が経過していたとしてもブラックリストの登録を継続する場合があります。

信用情報の登録・更新のサイクルに関するCICとJICCの取り決めは以下の通りです。

CIC

加盟会員は、信用情報の正確性・最新性を確保するため、CICへの新規登録および既登録情報の更新については、遅滞なく行うことになっております。具体的には「貸金業法に基づく登録情報」は日次登録・更新、その他は月次登録・更新となります。

JICC

貸金業法に基づく個人信用情報の場合は、新規契約や登録している情報に変更のあった時から最大で翌日までに情報の更新を行うこととなっています。
クレジットカードについては、原則月1回の更新ですが、タイミングについては加盟会員により異なります。

ちなみに、個人の信用情報はインターネットや郵送、窓口などで開示できます。CICとJICCはスマホからの開示も可能なので、ご自身の信用情報を知りたい方は各機関で開示請求をしてみるのがいいでしょう。

任意整理でブラックリスト入りするとどうなる?日常生活への4つの影響

任意整理によってブラックリストに登録されると、日常生活に以下4つの影響が出ます。

  1. クレジットカードが利用できない
  2. 新規の借り入れができない
  3. 携帯電話やスマホ端末代の分割払いができない
  4. 保証人になれない

ここからは、それぞれの対処法について詳しく解説していきます。

影響①クレジットカードが利用できない

任意整理をしたことでブラックリスト入りすると、事故情報が解除されるまではクレジットカードが利用できなくなります。

任意手続きの対象としたクレジットカードは強制解約となり、それ以外のカードも利用できなくなる可能性が高いです。

クレジットカード会社は、カード所有者の信用情報を定期的に確認しています。この行為は途上与信やモニタリングと呼ばれ、滞納などの問題があるとカードを強制解約されることがあります。

また、ブラックリスト入りしている間はクレジットカードを新規で申し込むこともできません。

生活費をカード払いにしている方は、新規申し込みに審査のいらないデビットカードや、家族が主契約をしている家族カードを利用するのがいいでしょう。

影響②新規の借り入れができない

ブラックリストが解除されるまでは、当然ながら新規で借り入れをすることはできません。

さらに、住宅ローンのような高額ローンは、ブラックリストが消えても審査が通らないことがあります。

対処法としては、頭金を多めに準備する、または家族の名義でローンに申し込むなどの方法が有効です。

影響③携帯電話やスマホ端末代の分割払いができない

ブラックリストに登録されている間は、携帯電話やスマホの端末代金を分割で支払うことができなくなります。

スマホの購入自体ができなくなるわけではないので、一括で支払えば大きな問題はないと言えるでしょう。

影響④借金の保証人になれない

任意整理をはじめとする債務整理を行うと、借金の保証人にはなれません。

これは、保証人になるためにも信用情報機関の審査が必要であるためです。

仮に、契約者が借金を返済できなくなったとしましょう。この場合、契約者に代わって保証人が返済する義務がありますが、保証人にも返済能力がなければ債権者は貸したお金を回収することができません。

このような事態を防ぐため、その人が保証人として適正かどうかを判断するために審査をする必要があるのです。

保証人になれないケースで多いのが、お子さんの奨学金の保証人です。この場合、任意整理をした人以外の家族であれば保証人として認められます。(例:任意整理をしたのが夫なら、妻は保証になれる)

以上、任意整理による生活への影響について解説しましたが、これらはあくまで借金に対する影響です。

「入籍予定があるが、任意整理したことが結婚相手に知られると困る」
「生命保険に加入できないのでは?」

などといった心配をされる方もいますが、借金と関係のないことについて影響を与えることはありません。

任意整理をしたことが職場に知られることもないですし、基本的には今まで通りの生活を送れますのでご安心ください。

任意整理後に信用情報が回復するまでの注意点

任意整理後、信用情報が回復するまでの間は以下2つの点に気をつけて生活しましょう。

  1. 支払いを滞納しない
  2. 審査の甘い金融機関は利用しない

注意点①支払いを滞納しない

当然ですが、任意整理後は返済が滞ることのないよう注意しましょう。

任意整理では借金を減額することはできますが、返済自体は続きます。

任意整理後に延滞や滞納をしてしまうと、信用情報を回復させることが難しくなるため、確実に返済できるようお金の使い方には十分注意してください。

注意点②審査の甘い業者は利用しない

ブラックリスト入りしている間、クレジットカードの新規申し込みはできません。

しかしながら、貸金業登録をしていない業者、いわゆる闇金の中には「ブラックリストでもカードが作れる」とセールスしているところもあります。

事実、任意整理をしていてもお金を貸してくれる業者はあります。ただ、法外な利息を請求されたり、返済できない場合は家族や職場に容赦なく取り立てが来るなどといったトラブルも多いです。

高額な利息は、借金の額が増えるのと同じです。違法な金融業者については、金融庁が以下のように注意喚起を行っています。

借入れをする場合には、当該業者の登録の有無を確認し、登録の確認ができない業者からは、絶対に借入れしないで下さい。

特に、無登録業者の中には、免許等を受けた銀行や信託会社でないにもかかわらず、その商号中に「バンク」、「信託」などという文字を使用している業者も見受けられますが、このような無登録業者を銀行、信託会社であると信用し、借入れをしないようご注意下さい。

周囲に迷惑をかけないためにも、審査の甘い業者にお金を借りることは絶対におやめください。

任意整理は怖くない!信用情報に関する不安は当事務所までご相談ください

任意整理をすべきかどうかでお悩みの方の中は、信用情報に傷がつくことに不安を感じる方もいるでしょう。

確かに、ブラックリストと聞くと社会的信用を失ってしまうようなイメージがありますが、事故情報が一生残るわけではありません。

ブラックリスト登録中も、基本的にはこれまでと変わらない生活が送れます。また、信用が回復すれば新しくクレジットカードを作ったりローンに申し込むことも可能です。

あくまで一時的なものなので、事故情報が登録されることを必要以上に悲観することはありません。

任意整理と信用情報について詳しく知りたい方は、借金問題のプロである当事務所までお問い合わせください。相談者様の不安を解消し、一人ひとりに合った方法で借金問題を解決へと導きます。

田中 聖晃

顧客第一主義を掲げ、プロ意識を持ってご依頼者の方一人一人が抱えるお悩みをしっかりお聞きし、「安心、丁寧、迅速」をモットーに法律専門家として司法書士、スタッフ一丸となり最善の方法をご提案し徹底的なサポートを提供いたします。

関連記事

PAGE TOP