【大阪】自己破産ができる人とできない人の違いって?

自己破産を大阪で検討している方は、りらいふ法務事務所へご相談ください。

自己破産をすれば借金問題を解決できますが、誰もがすぐに自己破産をできるわけではありません。

この記事では自己破産ができる条件について確認できます。

また、この記事では自己破産を安い費用で済ませる方法についてもご紹介します。

自己破産をできる人とできない人がいる?その違いとは

bankrupt

自己破産は、債務の支払いが不可能な状態にある方のみが選べる手続きです。

借金が多額になっていて支払い能力がないという場合でなければ、自己破産を選ぶことはできません。

一般的に、債務の総額が年収の3分の1を超えている場合には自己破産が認められやすいといわれます。

また借金の種別が非免責債権でないことも、自己破産が認められる条件です。

非免責債権とは、自己破産で支払い義務を帳消しにできない債権のことです。

具体的には各種税金や社会保険料などがこれに該当します。

ほかにも、損害賠償金や罰金、慰謝料や現在支払中の養育費といった債権も非免責債権となります。

ただし、延滞している養育費については免責債権となります。

これらの費用の支払いに困っているという場合には、自己破産で解決することはできません。

自己破産を検討するときには、免責不許可事由についても知っておきましょう。

免責不許可事由とは自己破産ができない借入理由のことです。

例えば、以下のようなケースが免責不許可事由に該当します。

  • ギャンブルなどの浪費で債務を負った場合
  • 自分が支払い不能な状態であることを認識したうえで、金銭売買などの取引をした場合
  • 過去7年以内に自己破産の免責を受けたことがある場合

そのほか、裁判所に対して虚偽申告や隠蔽をしたとき、債権者の侵害を目的として財産を隠したときなどにも、免責不許可事由と判断され自己破産が認められません。

自己破産には職業の制限もあり、該当する職業に就いているときには自己破産が困難になります。

制限されるのは弁護士や司法書士などの士業、宅地建物取引士、保険外交員、警備員、証券会社の外務員などの仕事です。

こういった職業に就いている方は別の方法で借金対策をするか、自己破産によって一定期間仕事を離れる必要があります。

安い費用で自己破産する方法や借金の支払いについて

pay

自己破産が必要な方は金銭的な余裕があまりないことが一般的です。

中には、自己破産に必要な費用が工面できず困っている方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、自己破産にかかる費用を抑える方法について説明していきます。

1.自身で手続きを進める

自己破産の手続きを弁護士や司法書士に依頼せず、自力で進めるという方もいるものです。この方法であれば費用を節約でき、結果的に安く自己破産手続きを終えられます。

ただし、自己破産のためには裁判所との複雑な手続きが必要となります。

また、書類の準備にもかなりの手間がかかります。

最悪の場合、手続きに不備があり免責許可が下りない可能性も考えられます。

自己破産の少額管財事件は弁護士をつけることが前提となっています。

財産の状況によっては少額管財事件を選べず管財事件で処理することになり、自己破産の費用がかえって高くなることもあります。

また、弁護士に依頼したあとに受任通知を出してもらえば債権者からの督促がなくなりますが、自力での自己破産ではこの方法が使えません。

また、司法書士や弁護士に依頼した場合には、各債権者からの請求・督促を止めることができますが、自身で手続きを進める場合にはそういったことができない状況のままで書類の準備を行わなければならなくなります。

自己破産申立後の督促を避けるためにも、できれば専門家に依頼して手続きを進めていきたいものです。

2.法テラスを利用する

収入が低いなど所定の要件を満たす方は法テラスを利用して借金問題の相談ができます。

法テラスでは3回まで無料法律相談を受けることができ、その後依頼に進んだ場合にも費用の立て替えに応じてもらえます。

立て替え費用はあとから分割で返済する必要がありますが、分割払いについての少額での対応となる為に金銭的な負担が和らぎます。

法律事務所・法務事務所によっては、一旦弁護士や司法書士に相談したのち、法テラスに持ち込んであらためて依頼する形式を選べることもあります。

大阪で自己破産に関するお悩みはりらいふ法務事務所へご相談ください

借金の状況や原因によっては自己破産ができないことがあるので注意が必要です。

借金問題に悩んでいるのなら、自己破産ができる条件についてあらかじめ確認しておきましょう。

また、自己破産の費用を安く抑える方法についても知っておけば、安心して手続きを進められます。

大阪で自己破産によって借金問題の解決を目指すなら、りらいふ法務事務所にご相談ください。りらいふ法務事務所では、自己破産の条件やご不明点に関する詳細なアドバイスを行っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

自己破産や借金の任意整理・債務整理・時効援用などに関するコラム

  1. 大阪で自己破産に強い法務事務所は?費用相場とよくある誤解を解説
  2. 【大阪】自己破産の種類とは?口コミがよく相談しやすい事務所の選び方
  3. 【大阪】自己破産手続きに必要な書類とは?司法書士への相談がおすすめ?
  4. 【大阪・自己破産】安い費用で借金問題を解決できる条件や方法を解説
  5. 借金の任意整理費用は分割払いも可能?任意整理に強い事務所の特徴
  6. 借金の任意整理の相談先を口コミだけで選ぶのはNG!避けたい司法書士の特徴
  7. 【借金の任意整理】知っておきたいリボ払いの仕組みや任意整理の手続き
  8. 借金の任意整理なら!再和解をするのはどんな時?安いだけじゃないサポート
  9. 借金の債務整理にかかる費用とは?任意整理に強い相談先を選ぶポイント
  10. 借金の債務整理で信頼できる相談先を選ぶ方法とは?口コミも要チェック
  11. 借金の債務整理手続きの流れや裁判と債務整理の関係について解説
  12. 借金の債務整理なら!安いだけじゃない事務所の選び方・無料相談もおすすめ
  13. 借金の時効援用とは?裁判に関するポイントや失敗した際の対処法も解説
  14. 借金の時効援用とは?費用が安いか気になる方へ相場を解説
  15. 借金の時効援用を自力で行うなら!費用・時効援用に強い事務所の選び方
  16. 借金の時効援用と信用情報の関係とは?口コミが気になる方へ事例を紹介

自己破産を大阪でお考えならりらいふ法務事務所へ

事務所名 りらいふ法務事務所
所在地 大阪府大阪市中央区南船場1-3-14ストークビル南船場306[アクセス情報]
電話番号 0120-316-790
メール info@relife-legaloffice.com
URL https://relife-sihou.com/
PAGE TOP